【厳選】海外インジケーター貯蔵庫

【必須】初心者はこれだけ覚えれば勝率80%だ!

今回ご紹介するインジケーターは、
相場の勢いによって色の変わるボリンジャーバンドです。

メインチャートを見ていただくと分かりますが、
相場に勢いが出てくると点線から黄色い変わり、
更に勢いが出ると赤色に変色します。

これを見れば現在の相場がどれくらいの勢いなのかが分かります。

それでは、どこでエントリーすればよいのかについてご説明しますね。

画像の左側が今回ご紹介するインジケーターで、右側は取引業者となります。
設定方法は、MT4をパソコン画面の左側にドラックしますと
パソコン画面の半分に反映されます。

取引業者も同様にパソコン画面の右側にドラックします。
今回は、メインとなる左側のインジケーターでご説明します。

メインチャートには、相場の勢いによって色の変わる
ボリンジャーバンドを表示していますが、
下降トレンドの場面となります。

なぜ下降トレンドの場面を表示しているかですが、

これから説明するトレードスタイルは順張り裁量手法となります。

順張りといいますと、トレンドの方向に逆らわない手法になるのですが、
トレンドには、上昇トレンドと下降トレンドがあります。

その中で、初心者にお勧めするのは下降トレンドに合わせた順張り手法となります。

なぜかと言いますと、

例えば、投資家がチャートを見て、上昇傾向にあると判断し買い注文を入れたとします。
しかし、予想と反して下降に転じた場合、投資家は焦ります。

更に下降が続けば、人間は、思っていた予想を覆す出来事に焦りパニック状態となり
更に恐怖を感じ始めます。

そうなると、どういった行動を取るかといいますと。

群集心理がこぞって下降に向かい損切りを始めると損切りが損切りを生み、
雪崩現象が起こり、更に下降します。

この心理状態がチャートに現れるのです。
ここがトレンド形成です。

上昇トレンドの場合よりも投資家の心理状態が把握しやすいといった
メリットがありますので、
下降トレンドだけに焦点を当ててトレードしてください。

簡単に勝率80%を狙えます。
ポイントを押さえて、エントリーすればよいだけですから。

画像をみて分かると思いますが、赤色のラインは、まだエントリーしません。
この後の反転から再度下降したところ、ここから加速して下降していきます。

白色ラインの場面がエントリーポイントとなります。
ボリンジャーバンドの真ん中に黄色ラインがあります。
このラインが下方向に向いているところです。

今回、サブチャートには、MACDを表示していますが、
MACDの0ラインから下で、下降の勢いが分かると思います。

初心者の方は上昇トレンドでエントリーせずに、
下降トレンドの場面だけでエントリーしてください。

必ず結果がでます!

 

下記を右クリックしてMT4に保存してください。

無料メルマガ登録でオリジナルインジケーターをプレゼントします。

 

 

インジケーターのインストール方法

①インジケーターをダウンロードします。(ブラウザはChrome推奨)
②MT4を起動して、画面左上の「ファイル」より「データフォルダを開く」をクリックします。
③その中の「MQL4」フォルダを開いた先にある「Indicators」フォルダの中にインジケーターを入れます。
④MT4を再起動すると、インストールしたインジケーターが表示されますのでそれを選択すればチャート上に表示することが出来ます。

人気ブログランキングへ