バイナリーオプションの基礎知識

MACDを使った初心者でも使える戦略!

MACDとは?

MACDは「マックディー」と呼びます。
2つの期間の移動平均の差を利用したテクニカル指標のひとつで、
トレーダーが相場の周期とタイミングを捉えるために利用します。


MACDは基本的に3本の線で構成されています。

・シグナルライン
MACDの移動平均線です。
基本的には9日間で計算されています。

・0ライン
MACDの中心となる線です。
この線を基準として売りの強さ、買いの強さを判断します。

・MACD線
直近の値動きを強く反映する、
2本の指数移動平均線を元に計算したグラフのことです。
基本的に12日、26日を使用します。

■トレンドの予測方法は?

バイナリーではMACD線とシグナルラインの交差の仕方で
トレンドが予測できます。
基本は以下の通りです。

・MACD線が上に向かいながらシグナル線と交差すると上昇トレンド
・MACD線が下に向かいながらシグナル線と交差すると下降トレンド

トレンド相場が来ることがわかれば順張りでエントリーし、
レンジ相場が来ることがわかれば逆張りでエントリーします。

■MACDの設定方法

MT4に標準搭載されています。
MACDを使う場合は設定をする必要があります。

設定方法はナビゲーターからオシレーターを開きます。
ダイアログの中からMACDを選択しましょう。

■MACDの戦略とは?

MACD線とシグナルラインの交差に着目して、
ハイローのどちらに選択するかを決めましょう。

【ハイでエントリーすべきタイミング】

MACD線がシグナルラインを下から上に突き抜けた時に、
トレンドが上昇するサインとなります。

これを「ゴールデンクロス」と呼びます。
この場合はハイでエントリーします。


【ローでエントリーすべきタイミング】

MACD線がシグナルラインを上から下に突き抜けた時は、
トレンドが下降するサインとなります。

これを「デッドクロス」と言います。
すかさずローでエントリーしましょう。

戦略の基本はMACD線を基準にして考えることです。

まとめると

シグナルラインよりMACD線が上がればばハイでエントリー
シグナルラインよりMACD線が下がればローでエントリー

初心者はまずこの戦略をマスターしましょう。
素直に順張りをするのがコツです。

高勝率オリジナルインジケーターを無料でプレゼント中!!

 

人気ブログランキングへ