経済指標

経済指標の重要性

 

経済指標とは何か

 

経済指標は、各国の公的機関等が発表する、
経済状況を構成する要因(物価、金利、景気、貿易など)を数値化した、
経済の現状や過去からの変化を正確に把握できるものをいいます。

これは、マーケット(相場)が、その国の経済状況に応じて変化するため、
将来のレート(価格)の方向性を予測する上で非常に役立ちます。

現在、具体的な指標については、相場に影響を与えるものが数多くありますが、
その中でも世界最大の経済大国である「米国の経済指標」が特に注目されています。

一般にマーケットの価格は、経済指標の数値結果によって大きく変動することがあるため、
為替取引や株式取引などをする際には、重要な経済指標の発表日時を把握し、
価格の急激な変化に対応できるように準備しておくことが大切です。

また、経済指標の数値は、金融機関やシンクタンクなどの専門家が予想を出し、
それらをロイターなどの情報ベンダーが取りまとめ、
事前にマーケット予想としてコンセンサス(市場での織り込み)が作られます。

そして、このコンセンサスに対して、実際に発表された数値がどうであった
(予想通りか、予想とは違いギャップがあった)かが重要であり、
発表後に相場を大きく動かす要因になります。


覚えておくべき経済指標

 

毎日、どこかの国で経済指標が発表されていますが、
すべて覚える必要はありません。

しかし、この指標だけは覚えておかなければ危険、
という経済指標がありますので、解説していきます。


経済指標の活用

経済指標は、その国の経済状況を把握し、
マーケット(相場)を予測するために活用します。

・公的機関等の発表であり、結果の正確性が高い
・勘や感覚ではなく、数値で客観的に経済状況を把握
・市場のトレンドを指標発表後の反応で確認可能


経済指標の視点

 

経済指標には、前回値、今回予想値、今回発表値の3つがあり、
マーケットで重視されるのは「今回発表値と今回予想値の差(違い)」です。

また、相場が逆に動いた場合は、その方向が現時点のトレンドとも考えられます。

・発表値と予想値の差が大きい → 相場は動くことが多い
・発表値と予想値の差が小さい → 相場は動かないことが多い


雇用統計

毎月第1金曜日に発表される、米・雇用統計。

非農業部門雇用者数と失業率に注目されており、
予想との乖離が大きくなりやすいため、

価格も大きく変動しますので、
市場参加者が最も注目している経済指標になります。

金融市場における最大のイベントになるため、
雇用統計で一瞬で儲けようと、

丁半トレードをしている人も多いと思いますが、
それでは博打になるため、やめたほうがいいです。

雇用統計でもテクニカル分析通り動くことが多いので、
しっかりと分析してトレードするようにしましょう。


政策金利

政策金利で最も注目されるのが、FOMC(連邦公開市場委員会)です。
FOMCとは年8回開催されており、FF金利の動きに最も注目されています。

金利政策ということで、市場に与える影響が大きく、
サプライズになることも少なくありません。

したがって夜中の3時(夏時間)に指標が発表されますが、
この時間に起きてトレードするトレーダーも多いでしょう。

その他にも、ECB政策金利や、英中銀行政策金利なども要注目です。

その他にもGDP(国内総生産)などおさえておくべき指標がありますが、
すべて覚える必要はありません。

人気ブログランキングへ